徒然なるままに…

日々感じたこと等書いていきます

幸せ

眠い目をこすりながら朝日を浴びている時


声を出して人と話してる時


手話で人と話してる時


テニスで上手くショットが決まった時


思わず笑顔になるくらい美味しいものを食べてる時


自分の匂いがついたタオルに包まって寝ている時


写真が綺麗に撮れた時


満員電車で座れた時


探せば探す程、あるんだ

夏が終わり…

秋が来る


会社の近くの道にある木の葉も色づいてきた


わたしの嫌いな冬に近づいていく


季節の移り変わりと同時に自分を取り巻く環境も変化した


取り敢えず、頑張ろう

なーに、先日までの環境は運が悪かっただけ

気を取り直して、次の一歩を踏み出して

大丈夫、先日と比べたら環境はいいはずさ


嫌いな冬は近づいて来るけれど、大好きな夏よりウキウキな気分で過ごせたらいいなと思わずにはいられない

今年もあと4ヶ月

1日1日を大切にしていく

時には休息の日も作ったりしながら、マイペースに穏やかに過ごしたい


そういえばね、テニスの大会のポイント周回したら、15位だったよ

順位よりも楽しむことが大切だけれど、やっぱり上に行けたら嬉しいよね😆

ダイビング

現在、ダイビングの資格を取ろうとしている


OWというダイビングの入門的な資格と

AOWというOWの上の資格である


全部で4日間となる

今日で3日目だ


明日で全部終わる

あっという間であった


わたしは湘南生まれの癖にカナヅチ

ダイビングには前々から興味はあったが、

カナヅチということもあり、なかなか一歩踏み出せずにいたところ

友人に誘われ、(しかもOWのみならず、AOWまで!) よしやってみようと覚悟して申込み、お金も振り込んだ

だが、その後、やはり泳げもしないやつがいきなり、資格…とオロオロしてしまう日々か続いたのである

海の中で死んだらどうしよう…

車で行くから、海で死んだら、駐車料金かかっちゃうなとか今思うとどうでもいいことで悩んでた


だが、そんな不安は1日目で無くなり、

ありきたりな感想になるが、初めてみた水中の世界は美しくて感動した

水族館で見るよりも間近で魚を見ることができ

彼らの普段の生活がわかるのだ

今はもっと色々な水中生物を見てみたいと思えるようになった


さて、そんなダイビング生活も明日で終わる

ラスト1日

楽しんでいけたらいいな


お盆

お盆。

あの世へ旅立った人々が箸で足を作ったナスに乗り、あの世のルートを通ってこの世へ帰ってくる。

そんな日。

我が家へ帰ってきた人はいるのだろうか。

我が家で過ごして亡くなった人は居ないから、帰ってこないのかな。


そして、お盆の過ごし方というと…

この三日間はとにかく蒸し暑くて、髪が顔にまとわりついて不愉快であった。

三日間、別々の人と、別々の場所で過ごした。

どの日も髪の不愉快さを忘れるくらい楽しかった。


明日からの仕事、頑張れるのだろうか。

いや、また退屈な日々に逆戻りであろう。

朝の通勤を考えると、もうそれだけでこの三日間に戻りたい気持ちが強くなる。

そんなわたしにとって最後のお盆の夜でした。

※明日から仕事でお盆気分が無くなるので、今晩を最後のお盆の夜としています。

仕事がない

そんな状態が1年続いてる


このままでいいのだろうか


サボってても何も言われない

なぜなら籍さえ置いてくれれば、会社側は嬉しいのだ

そう、いわゆる雇用率のためにわたしを雇ってるに過ぎないのだ

だから育てることもしないし、干渉もしない

ただ、いてくれればいい。

それだけなのである

お金はもらえる

だけど社会に貢献してると言えるのだろうか

こんな状態が1年続いてる。


周りを見渡すと仕事で忙しそう

かたや、わたしは暇


200人以上のJJIに囲まれて…

200人以上のJJIに囲まれて、1年と4ヶ月。


分かったことは、JJIは臭い。不潔。

普段JJIとしか話さないため、女性と話すだけで、幸せになれる。

フツメンの若者でも凄く目の保養になる。


200人のJJIに囲まれて仕事をするのはもうやだ。

通勤時間と心の病み具合

通勤時間が長くなればなるほど、心が病む率が高くなるらしい。


わたしの現在の通勤時間は

家から最寄駅まで20分

電車待ちで10分

電車の乗車時間、60分

会社の最寄駅から会社まで10分

その他ロス時間で10分

計110分

2時間弱である。


で、仕事にやりがいがあればいいのだが、

じじいに囲まれてる状態だから

やりがいはないに等しい。


これでは心も病むであろう。

というわけでもう少しやりがいのあるところを探し中。