徒然なるままに…

日々感じたこと等書いていきます

飲み会

久々に会社の飲み会というものに参加した

前までは参加しなかった
今回は異動したということもあり、参加した
期待してなかった
どうせ話が分からないまま2時間過ぎるんだろうって
最初はみんな興味本位で話しかけてみる
障害者を生で見るのが珍しいから
障害者に話しかけるなんて滅多にないから
そのうち、なんだ、つまんない、って飽きて
話しかけるのをやめる

または最初から敵意を持つ者
障害者なんていらないと一蹴する者
忘れないで、あなたもいつかは障害者になるかもしれない
その時にならないと分からないなんて思わずに相手の立場を想像して
そしてわたしもわからない
今持ってる障害以外に新たな障害を抱えることになるかもしれない
または重い病気にかかるかもしれない

なんて思っても、きっと五体満足で生まれた人には理解しづらいんだろうな
どんなに声をあげても、どんなに努力しても
無駄なものは無駄
そうなってみないと人はわからない